六百二、辻元清美、横路と偽善集団「立憲フォーラム」を許すな

平成二十六甲午
八月十六日(土) なぜ辺野古が大変なときにくだらぬ案を発表するのか
辺野古が大変なことになつた。ところがこの重大なときに立憲フォーラムと称するゴミ溜め議員どもが平和創造基本法案なる ものを発表した。一去年の労組の全国集会を思ひ出す。あのときはシロアリ民主党といふ嘘つき集団により消費税増税が 可決した直後だつた。集会が始まつた直後に福島瑞穂が会場に来て、私の隣に座つてゐるうちの組合のA副委員長に会釈 したあと客席をずつと降りて壇上に上がつた。
福島は集会が終了後の交流会で、護憲護憲と叫んだ。当時は安倍が改憲を言ひ出す前で橋下大阪市長を批判したものだつた。 実に非常識な発言である。消費税増税が可決された直後なのにこの馬鹿女は護憲を叫んでゐる。労組の集会は旧地区労 が地域労組に改組したところがほとんどで、連合系の支援を受けてゐる。連合系とは言へ、電機連合や自動車総連、電力総連 など御用組合とは別だから私も全然気にしてはゐない。社民党は消費税増税に反対のはずだ。これで社民党と福島の消費税増税 反対が口先だけだつたが判つた。翌日の集会でもし福島がまだ護憲に言及したら集会終了後に怒鳴りつけるつもりだつたが、翌日 は別の話だつたので何事もなかつた。
その福島と同じことをしたのが今回のゴミ溜め議員どもである。今辺野古が大変なことになつてゐる。それなのに無視して平和 創造基本法案なる偽善を発表した。

八月十七日(日) 顔ぶれを見ると唖然とする
立憲フォーラムの顔ぶれを見て唖然とした。顧問に横路孝弘、江田五月、菅直人。幹事長に辻元清美。これまで当ホームページで 批判してきた連中が雁首を揃へる。彼らの特徴は道徳心といふか信義といふか、さういふものが全くない。だから嘘を付いて消費税 騒ぎを巻き起こした菅直人を顧問にしてもなんとも思はないし、裏切り女の辻元清美を幹事長にしてなんとも思はない。本人たちに 道徳心や信義が全然ないから菅や辻元を見ても何とも思はない。呆れた連中である。
横路について云へば、ニセ(自称東京)新聞に載つた内容を見てその発言があまりに酷いのに驚いた。しかしニセ新聞に載ると 良心的な平和主義者まで醜くなつてしまふ。横道は或いは良心的ではないかともその後思つたがやはり駄目である。菅や辻元と 顔を並べて何とも思はないからである。
辻元については前原との関係が気になる。前原が国土交通相のときに副大臣だつた。安倍がタカ派だとよく言はれるが安倍のする ことは前原や野田の路線だ。中国や韓国とは不仲になつてアメリカに尻尾を振る。ポチそのものである。当ホームページでは安倍の ことを亜倍と呼ぶのはこれが原因である。そんな前原について社民党を離党しシロアリ民主党に行つてしまつた。辻元は社民党の 枠で副大臣になつた。だつたら社民党が与党を離脱するときに副大臣を辞めなければいけなかつた。そんなことも判らない自己中心 女である。

八月二十日(水) アホみたいな国のアホみたいな政治家
産経新聞が福島第一原発所長だつた吉田氏の調書を報道した。それによると
菅さんが自分が東電が逃げるのを止めたんだみたいな(ことを言っていたが)」と聞かれてこう答えている。
「(首相を)辞めた途端に。あのおっさんがそんなのを発言する権利があるんですか」
「あのおっさんだって事故調の調査対象でしょう。辞めて、自分だけの考えをテレビで言うというのはアンフェアも限りない」
菅は東北大地震が起きたとき、マスコミを利用して自分を売り込むことをやつた。また福島第一原発にヘリコプターで押しかけて現場を 混乱させた。許し難い男である。
菅氏だけでなく、当時の海江田万里経済産業相や細野豪志首相補佐官ら菅政権の中枢にいる政治家たちが、東電が全面撤退する 意向だと考えていたことに対しては「アホみたいな国のアホみたいな政治家」とばっさり切り捨てている。

それにしても立憲フォーラムはなぜアホみたいな国のアホみたいな政治屋を顧問にしておくのか。

八月二十三日(土) 知つたかぶり女
アホみたいな政治屋に次いで悪いのが知つたかぶり女である。昨年の十一月に中島岳志氏と辻元の 対談を引用した。
中島 私の理想は早期の日米安保破棄です。自主防衛のあり方をしっかりと考えるべきです。しかし、現実的にはそうもいきません。一定程度の時間をかけて日米安保見直しの方向に進むべきで、一気に破棄というのは極論でしょう。そうすると、現実的な問題解決策を考えなければいけない。
 落としどころは嘉手納への統合しかないと思います。辺野古はまず無理だし、ここまで来るとグアムも難しい。

中島氏も早期の日米安保破棄となかなかよいことをいふ。しかし嘉手納について
中島 あの案で問題になってるのは、米軍内部の対立の話なので。
辻元 そうそう、空軍と海兵隊が仲が悪いから統合はできない、というね。
米軍の内部事情なんてどうでもよい。事は外交問題である。いざとなつたら大統領が両者に命令で仲直りさせればよい。辻元といふのはとんでもない 知つたかぶり女である。こんな女といつしよに行動するゴミ溜め議員どもには呆れる。

八月二十七日(水) うそつきの脳
47Newsといふホームページがある。地方紙の共同のページである。地方紙は応援したいが沖縄を除いて一県一紙のところが多い。神奈川新聞の場合は 各勢力の寄せ集めで反日社会破壊(自称朝日)新聞やニセ(自称東京)新聞、更には国売り(自称読売)新聞や白人崇拝KKK(自称サンケー)新聞よりは ましと云ひたいが、それぞれの悪い部分だけを受け継いでゐる。しかし全国四十七都道府県にはまともな新聞も多いようだ。その理由は首都圏に集中した醜い 連中とは異なり、地元意識が生きてゐる。ここに京都新聞のニュースが載つた。
うそつきの脳の動きつかむ 京大准教授が研究成果
金銭報酬を期待する際に脳の特定の領域が活発に働いている人ほど、うそをつく可能性が高いことが、京都大こころの未来研究センターの阿部修士准教授 の研究で分かった。人間の行動予測に役立つ可能性がある研究成果という。
20〜30代の学生ら28人が実験に参加。まず正方形が画面に表示されている間にボタンを押せばお金をもらえる課題を出し、磁気共鳴画像装置(MRI)で 報酬に対する期待と関わりが深い脳中央の領域「側坐核(そくざかく)」の活動を測定した。
続いて、コイン投げの表裏を予想して当たると報酬がもらえる課題を出し、自分の予想が正解だったか申告させ、うそをつく割合を調べた。その結果、うそを ついた参加者ほど、報酬を期待する際の側坐核の活動が盛んだったという。


おそらくゴミ溜め議員どもの脳はこんな構造なのだらう。本当はその亜流を批判したいのだが、本流があまりに酷いので亜流を批判する暇がない。

八月三十一日(日) 違憲を重ねる立憲フォーラム
菅直人はこの世に存在すること自体が憲法違反である。それなのになぜ菅を顧問にするのか。もう一つある。今の憲法では 自衛隊は菅直人と同じで違憲である。軍隊の存在は認めないが自衛隊の存在は認めるよう憲法を改正すべきではないのか。かつての社会党は非武装中立 といふ実現不可能なことを掲げたため、与党にはなれなかつた。末期には自衛隊を違憲合法としたが党内に異論があり、違憲だが法的に存在とした。
立憲フォーラムのゴミ溜め議員どもはここを曖昧にする。私がゴミ溜め議員と呼ぶ由縁である。(完)


(消費税反対その七十二)へ (消費税反対その七十四)へ

メニューへ戻る 前へ 次へ