六百二十六、来日したスリランカ僧に行かず総持寺に行つた話

平成二十六甲午
十月二十七日(月)
昨日は午前中に鶴見に用事があつた。午後はスリランカから来日した僧の冥想会があるのでこれにも参加しようと予定 を立てた。この日は図書館に予約した本の受け取り期限でもある。時間がぎりぎりだが何とか間に合ふよう計画を立てた。
朝、急に気が変り、とり敢へず午前の用事を済ませた。たまたま総持寺の参道に出店が並ぶのを見た。総持寺の経営する 鶴見大学の学園祭であつた。よし、これにしよう。午後は総持寺に行つた。

スリランカを中止した理由は、おそらくスリランカ僧は英語で話し誰かが通訳する。冥想の英語は単語が難しく私には直接は 判らない。比丘が英語で話す段階で意欲、感激などの感情が消失し技術論になつてしまふ。それを日本語に訳すときに再度 情報が消失する。だからその日本語はシンハリ語で話したであらう内容より大幅に劣化してしまふ。
比丘は1970年スリランカのキリスト教徒の家庭に生まれ、1999年にスリランカのナウヤナ僧院(パオの瞑想をしている)で出家。 2003年から1年間ミャンマーのパオ僧院に滞在しパオ・セヤドーの指導を受け、スリランカに戻つてからナウヤナ僧院や南部の 森林僧院にて修行。2007年より聖山スリーパーダの洞窟で修行を始め現在に至る。修行一筋の立派な比丘である。そのような 方を日本のように拝金拝米拝新自由主義にあふれる俗悪な地にお呼びして修行を妨害してはいけない。さういふ思ひもあつた。

十月二十九日(水)
それにしても鶴見大学は大学とは名ばかりの低級なものばかりである。まづ参道の出店。体育部や文化部は自分たちの活動を 広報しながら販売しなくてはいけない。今のやり方は如何にも部の活動費を稼ごうとするものばかりだ。次に各教室の出し物。 喫茶店だの有料のゲームだのとこれが大学生のやることかと文句を言ひたくなる。例へば弓道部。本物の弓を使ひ、しかし 危ないから部員が横につく。これならよい。しかし40cmくらいのおもちゃの弓を有料で引かせ的に当てる。単なる部費稼ぎである。
鶴見大学は文学部と歯学部からなる。歯学部はある程度優秀だと思ふのだが、紫雲祭の実行委員会を見ると文学部ばかりで ある。とはいへ見るべき展示も二つあつた。

十月三十日(木)
一つ目は書道部の展示で、質問したところ般若心経や総持寺の禅師など鶴見大学らしい回答が返つてきたことだ。学生に 総持寺の精神が生きてゐるのは大学が総持寺の隣といふか境内にあることだらう。そのときはさう思つた。尤も書道部は 伝統文化と係はりが深い。数日経過してそれが理由かも知れないと気付いた。
もう一つはグリーンウォーカーといふ自主制作の偉人のビデオを放映する団体である。私が観たのは徳川家康と吉田松陰 だつた。徳川家康の鎖国は私欲ではなく国のためを思つての長期戦略だつた、吉田松陰は天皇を中心とした国を考へた。 ふとグリーンウォーカーは国家主義的団体かなとも思つたが、立派な主張であることに変りはない。
あとこの二つには入れなかつたが写真部も悪くはない。総持寺の写真もあつた。

十月三十一日(金)
昭和天皇が崩御したときマスコミがこぞつて崩御、崩御と騒ぎ立て、映画や寄席など興行するところには休業するよう脅迫電話 まで掛かつて来たさうだ。世の中全体を崩御一色にしようとするマスコミを不快に思つた。江戸時代まではマスコミはないから 天皇が崩御されても将軍が亡くなつても庶民の生活は変らなかつたはずだ。興行を中止させることはあつた。
しかし平成の世になり逆の強制を感じるようになつた。自由だの民主主義だのと既に達成されたものを騒ぎ立てる。或いは西洋 列強による植民地支配や原爆やベトナム戦争は棚に上げて従軍慰安婦ばかりを騒ぎ立てる。そのような世の中にあつてグリーン ウォーカーの主張は立派である。
今の天皇は明治維新のときに薩長が西洋猿真似で変へたものだから江戸時代までとは異なる。将来は西洋の王室の模倣から 日本古来のものに戻すべきだが、それは将来の話である。総持寺は後醍醐天皇と関係が深い。だから昭和十二年境内に後醍醐 天皇600年御遠忌を記念して御霊殿が建立された。後醍醐天皇の尊像と尊儀、後村上天皇、後奈良天皇、後陽成天皇、明治天皇、 大正天皇、昭和天皇の尊儀が奉安されてゐるさうだ。
グリーンウォーカーのビデオの徳川家康と吉田松陰の次は松下幸之助だつたがこれは時間の都合で観なかつた。部員の態度から この団体は歴史を探求する真面目な団体だと思ふ。

十一月一日(土)
書道部、グリーンウォーカー、写真部以外はまつたく観る価値がなかつた。その理由は鶴見大学の文学部、歯学部といふ相乗効果の ない二学部から構成されることがある。紫雲祭の実行委員は全員が文学部である。文学部は元は女子文学部で今は共学になつた。 共学にはなつたことで逆に、総持寺が女子教育で社会に貢献するといふ特長が薄れた。
総持寺のホームページによると学校法人総持学園として、三松幼稚園、鶴見大学附属中学校・高等学校、鶴見大学を境内に持ち、 社会福祉法人諸岳会として、總持寺保育園、精舍児童学園を経営し社会に貢献とある。諸岳会は更に総持寺病院も経営してゐたが 今から十九年ほど前に経営不振で鶴見総合病院になつた。インターネットで調べるとその後、民間の病院に貸し出し返却期限が 来ても返さないので裁判で勝訴し病院は解体し保育園を建築したそうだ。
私が不思議に思ふのは各部門の連携の悪さである。鶴見総合病院は鶴見大学付属病院や鶴見大学歯学部と連携してこそ相乗 効果を生む。三松幼稚園は總持寺保育園と連携してこそ効果がある。更にはすべての施設が総持寺と連携してこそ効果を生む。

十一月四日(火)
総持寺にはかつて小さな池があつた。その前に大きい池もあつて駐車場を作るため埋め立てられたらしいがこの時代のことは私も 知らない。もう一つ三松閣の後方に小さな池があつた。ところが十五年くらい前に埋め立てられた。跡地は鶴見大学付属病院の立体 駐車場になつた。小さな池は魚が棲息するのかどうかが不明でしかも寺院の景観にも影響を与へない。初めて見た人は三松閣の 排水調整池ではないかと思ふような代物だから、埋め立てても仕方がないといふ気もする。しかし立体駐車場よりはよかつた。池を 改良して日本庭園風にすれば更によかつた。
そして今回の参道を使つた模擬店である。私のように総持寺に寄つたら学園祭をやつてゐたからついでに観たといふ人もゐること だらう。ところが大学の建物に観るべきものがない。歯学部は外部の法人に売却し、いずれは境内に戻したほうがよい。

十一月五日(水)
かつて総持寺は毎週日曜参禅会を開催してゐた。受付や会員管理は信徒が担当し一回二百円であつた。座禅、経行(歩行)、座禅 ののち僧侶による提唱(説法)があり作務(清掃)で終了。その後、希望者のみ質問会があつた。私は質問会は必ず参加し「徹通義介 禅師はなぜ永平寺を出たのですか」など会を盛り上げる質問をした。あのときの僧侶はおそらく僧侶と英語の教師を兼任し、定年退職 して総持寺の信徒指導係を任されたのだと思ふ。決して日本語にカタカナ語を混ぜたりしない堅実な僧侶であつた。
十年以上空いて久しぶりに参加すると提唱の時に僧侶がカタカナ語交じりに話すので嫌な感じを受けた。外国人の参禅者もゐるから 英語ができる僧侶を任命するのはよい。しかし英語かぶれ、西洋かぶれではいけない。総持寺とその末寺の関係する人の99%は 日本語を話す人たちなのだから、参加して心地よい法話にすべきだ。そのときさう感じた。
それから五年ほどして、日曜参禅会が無くなつた。代はりに月一回で参加費五百円先着100名で受付を終了とある。かつての200円 でも人数が多いから総額では費用が会費より余分に掛かることはない。しかも檀家に偏らず参禅指導をするといふ社会使命で始めた のだからこれを続けるべきだつた。500円だつて勿論高くはない。私は上座部仏教の経典学習会に参加するとき会費は無料だが 1000円を寺の寄進箱に入れる。それに比べれば半分だが自発的な1000円と強制された500円では異なる。

十一月六日(木)
私が上座部仏教と関係するのは総持寺の日曜参禅会に参加したのがきつかけで、その後、上座部仏教へと発展した。だから総持寺 には懐かしさを感じる。だからといつて今の月一回の参禅会とその前のカタカナ語を多用した僧侶の説法には反対だから総持寺の 参禅会に参加することは今後もないと思ふ。カタカナ語を多用する僧侶についていへば、説法する内容が無いからだ。説法する内容 があればカタカナ語を使ふ暇はない。
曹洞宗をもう一つ批判すれば、二十年前に永平寺に一泊したとき、信徒用の参禅施設について修行中の僧侶と少し話をしたところ その僧が「僧侶の修行の真似事をします」と言つた。僧侶から見れば真似事でも信徒にとつては真剣である。無神経な発言だと今 でも思ひ出す。
鶴見大学について言へば、今年は鶴見大学のほかに九つの大学・学部の学園祭 を廻つた。その中で一番悪いのが鶴見大学である。発表がなく出店やら有料のゲームやらで金儲けばかりだつた。日曜参禅会を 200円から500円に上げしかも月に一回100名で締め切りにした総持寺の体質が現れたのではないかと嫌味の一つもを言ひたくなつた。(完)


大乗仏教(禅、浄土、真言)その五
大乗仏教(禅、浄土、真言)その七

メニューへ戻る 前へ 次へ