五百四、成田門前町と香取郡の話題


平成25年
十一月十七日(日)「タイとスリランカの仏教寺院」
タイのバンコクにワットパクナムといふお寺がある。瞑想で有名だつた高僧のお寺である。私も過去に二回訪問したことがある。ワットパクナムの日本支院が成田市内にあり一度参拝したいものだと思つた。ところが成田市内とは言へ元の香取郡大栄町である。バスが一日に12本しかなく、しかもバス停から4Km歩かなくてはいけない。
スリランカの寺院が香取にある。ここも一度参拝したいと思つたが佐原駅から同じく4Kmある。といふことで佐原の観光協会の貸自転車を使つて両方を一度に訪問したのが今から五年ほど前のことだつた。自転車はタイヤがすりへつてゐた。市外には出ないでくださいといふ注意書きとはうらはらに霞ヶ浦や北浦に行く人が多いのだらう。
まづ佐原の寺院に参拝し次に国道51号で旧大栄町役場の前を通り県道に右折して到着した。帰りは県道をそのまま先へ進み利根川の河原を走つて佐原に戻つた。滑河駅前の案内地図で見ると此の辺りはゴルフ場がやたらと多い。あと成田空港が厖大な敷地を占領してゐる。どちらも人間の貪欲さが生んだぜいたく品である。地球が滅びるか滅びないかといふときに大自然を破壊する行為は許されない。

十一月十九日(火)「観光牧場」
県道を走ると観光牧場の道案内があつた。矢印に沿つて観光牧場の近くまで走つた。広大なキャンプ場と駐車場が目に入つた。インターネットで調べると明治二十年から酪農一筋。昭和六十二年に観光牧場へ転身とある。プラザ合意の頃である。酪農から観光牧場に転換したのだらう。さう思つた。しかし詳しく調べると昔からの農家とは異なるようだ。 明治20年東京都江東区砂町で牧場を開業。昭和12年八千代市に移転。昭和45年袖ヶ浦市に第二牧場を開業。昭和51年香取郡下総町名木(現在地)に移転。昭和62年観光牧場を開設。東京ドームの七倍である。事業意欲の旺盛な一家なのであらう。酪農は明治以降の歴史の浅い事業であつた。
しかしプラザ合意が日本の農業を大きく損ねたのは事実だ。外貨が不足すれば輸出を増やし、外貨が多くなればそれを抑制する。日本は平衡を保つことが苦手なようだ。千葉県にはまう一つマザー牧場が有名である。こちらは妻と子供が十五年ほど前に町内子供会で行つたことがある。私はそのとき留守番だつたので行つたことはない。
マザー牧場は日本電波塔(東京タワーを経営)、産業経済新聞社、ラジオ大阪、関西テレビの創業者で参議院議員にもなつた前田久吉が昭和三十七年に開設した。敷地は成田の観光牧場の八倍である。

十一月二十一日(木)「下総(しもふさ)」
大栄町と下総町の旧町役場跡を見た。どちらも今は成田市役所の支所になつた。下総町の役場跡には閉町の石碑があつた。それはよいことだが文面でバブル経済だけを取り上げたのは正しくない。その少し前に起きたプラザ合意こそ農村地帯を含む日本全体の大問題であつた。尤もバブル経済が日本国内を腐敗させたのは事実である。
石碑の裏面に歴代町長、歴代町議会議長、歴代助役、歴代収入役の名前が書いてある。これはよくない。歴代のなかには優れた人も劣つた人もゐる。歴代名を書いてはいけない。さういふことをすると菅や野田のような口先だけの悪質な政治屋が出現する。成田市は責任を以て歴代名を削除すべきだ。

石碑には「しもふさ」と振り仮名が付けられてゐた。これは懐かしい呼び方である。下総は本来は「しもふさ」と読むべきだがJRの駅名から影響を受けたのか「しもうさ」と読む人が多くなつた。

十一月二十二日(金)「今こそ成田空港を廃港にしよう」
成田空港の敷地は広大である。しかし誰もそのように思はない。それは更に広大な台地の一部だと感じるからだ。しかし滑河駅前の案内地図を見てみよう。空港の敷地は実に広く農地を侵食してゐる。
プラザ合意の後は円高で農地を大切にしなくなつた。しかし農地は大切である。空港なんて要らない。これからは地球温暖化を防ぐため航空機は大きく削減しなくてはいけない。そうすれば東京の羽田空港だけで十分である。成田空港は今こそ廃港にしよう。

十一月二十三日(土)「空港反対運動」
私は空港反対運動に参加したことはない。しかし一回参加しエコロジーの側から空港を廃港にする方法を考へたいものである。うちの労組の副委員長と執行委員一人が空港反対運動に関係した。まづ執行委員にいつしよに行こうと声を掛けたが体の具合が悪いと逃げられた。副委員長に声を掛けようと思つた矢先、副委員長も病気になつた。あともう一人、学生運動系の執行委員がゐたが定年後の再就職で組合と疎遠になつた。
三里塚闘争の評価すべきは農民と連帯したことにある。農民生活から学ぶべき点は多い。当時の日本の左翼は民族解放戦線と三里塚の農民連帯で唯物論を克服した。

十一月二十三日(土)「成田山新勝寺」
先日成田山新勝寺に参拝した。反対運動に参加した訳ではない。別に用事があつた。新勝寺の裏側の成田山公園は仏教精神を公園に表したもので訪問する価値が高い。紅葉した木々が点在し写真撮影をする人達で賑はつた。外国人特に中国人の訪問者が多かつた。書道博物館は催し物があり入場無料のため入館した。泰山の碑を見て日蓮関係者とは手を切らうと思つた。偏狭なためだけではない。日蓮の教へは一国全体に布教することにある。過去に三回実施しすべて失敗した。その対策を立てないからである。
成田と言へば成田山、宗吾霊堂、印旛沼である。私が小学生のころラジオで夕方に「京成お笑い10秒クイズ」といふ番組があつた。京成電鉄の広告で印旛沼で釣りの季節だといふ放送を聞いたことがある。
成田空港といふ奇形建造物は似合はない。温暖化で地球滅亡が目前に迫つた今こそ空港は廃止すべきだ。(完)


メニューへ戻る 前へ 次へ