千三百六十九(モリカケ疑獄百八十七の七) 安倍は朝敵だ(アメリカの即位礼軽視の原因)
己亥、基督歴2019+3α年、ヒジュラ歴1440/41年、紀元2679年、仏歴2562/63年
十月二十四日(木)安倍は即位礼の権威を売ってしまった
即位礼には元首(国王、大統領、国家最高顧問)、准元首(皇太子、副大統領、副主席、元大統領、総督)、首相、准首相(国会議長、最高裁長官、副首相、元首相)が参加された国が多かった。南米やアフリカは移動に時間が掛かるから閣僚級、財政や国内事情が悪い国は大使が参加し、これはやむを得ない。
そんな中で、アメリカは運輸長官だった。しかし考へてみれば、アメリカは既に大統領が来てしまった。
天皇様即位後一番目、大相撲を天覧相撲より優遇しソファーで観戦、安倍のゴルフカート運転と、出血大サービス付きだった。今さら副大統領を派遣しても、二番煎じだ。
安倍は、内閣支持率を上げる一手段と引き換へに、即位礼正殿の儀の尊厳を売ってしまった。安倍はまた朝敵になった。元号のときに続き「ニセ幕府、逆賊、朝敵、本来ならば武力誅罰対象」である。

十月二十五日(金)ロシアとの北方領土交渉失敗の結果
ロシアが上院副議長を派遣したのには多くの人が驚いた。ロシアは隣国だからだ。前回はソ連時代の最高会議議長だから大幅な格下げだ。これだってこれまで安倍がロシアのプーチン大統領との会談機会を有意義に使はなかったからだ。
あのとき安倍は、悪くても歯舞、色丹は返還を謳ひ文句に鳴り物入りで会談した。それなのにその後ロシアとは、北方領土のことは一切会談できなくなってしまった。ここでも安倍は「ニセ幕府、逆賊、朝敵、本来ならば武力誅罰対象」だ。

十月二十六日(土)大統領を憎んで、国を憎まず
韓国は首相を派遣した。これは韓国の誠意だ。運輸長官や国会副議長とは比べ物にならない。韓国首相は新大久保駅で線路に落ちた人を救助しようとして犠牲になった韓国人留学生の銘板を追悼した。
韓国のそのときの大統領を憎むのは構はない。しかし国を憎んではいけない。安倍と韓国現大統領のせいで日韓関係はめちゃくちゃになった。
私はときどき新大久保駅で降りて会社に行く。かつてはほとんど新大久保駅で降りた。今は出社時に100円ローソンへ寄るときに降りる。これだけたくさん利用してきたのに、銘板があることは知らなかった。その理由は新大久保駅の階段が混む。降りるのが精一杯だ。

先行十月二十七日(日)不正を愛し、正義を排除
政治をする上で、正義を愛し不正を排除する姿勢が重要だ。しかし安倍はモリカケ問題で不正を愛し正義を排除してしまった。
サウジアラビアは王宮府顧問兼国務大臣を派遣した。サウジアラビアは在トルコ総領事館で新聞記者を殺害したあと、勅令でアシーリー総合諜報庁副長官、カフターニー王宮府顧問を解任するとともに、皇太子を委員長とする諜報機関再編委員会を編成した。
あの殺人事件は皇太子が首謀者ではないかと疑はれてゐるのに、委員長にするとは驚く。そして王宮府顧問を解任したあとの別の王宮府顧問が、今回来日した。天皇様のせっかくの祝典に泥を塗った。安倍と外相の責任は重大だ。

(一日に複数の投稿をしたときは(1)日付の後に「その二」と書く、(2)古いほうを前日にする、を用ゐてきました。前日にも投稿があるときと三つ以上投稿するときは前々日以前に移してきました。本日から(3)「先行」と明記して翌日以降の日付を記すことにしました。)

先行十月二十八日(月)一番の不正はトランプだ
トランプは突然、米軍をシリアから撤退させ、そのためトルコ軍が越境してクルド民兵を攻撃した。トランプは口先だけのトルコへの経済制裁を警告し、トルコは停戦した。そしてトランプは経済制裁を解除した。トルコが停戦する前に殺害された人たちはどうなるのか。
トランプの個人財産が盗まれたとしよう。盗人がこれ以上盗みはしませんと言った場合に、トランプは許すだらうか。許すはずはない。盗んだ物を返却させることが必要だ。殺害されたクルド人の代償を、トルコにどう返還させるつもりか。トランプは北朝鮮問題もさうだが、不正な人を愛し、正義の人を排除する。
今回の即位礼に、トルコは文化観光大臣、イスラエルに至っては誰も派遣せず駐日大使が出席。ずいぶん日本の皇室は馬鹿にされたものだ。安倍の責任は重大だ。
皇室を重視するなら、元首、准元首、首相を送った国を優遇すべきだ。西アジアだと、副大統領が来日したイランと大統領が来日したパレスチナを厚遇すべきだ。安倍にできるか。

先行十月二十九日(火)日本はアメリカかぶれを止めろ
アメリカは、前回に大統領が来たとは云へ、今回は副大統領が来ても何ら変ではない、大統領がまた来たら変だが。それなのに運輸長官に留めたのは、アメリカにとり日本はたくさんある国の一つに過ぎない。
アメリカにとり、最も大切なのは国連常任理事国のイギリス、フランスだ。次に重要なのが、同じく常任理事国だが敵対することもある中国とロシアだ。その次が、日本、ドイツだ。
日本はアメリカへの期待を止めるべきだ。安倍が皇室を尊ぶなら、即位礼に(1)元首、(2)准元首、(3)首相、(4)准首相、(5)その他のどれを送ったかによって差をつけるべきだ。楠木正成と北条政子を、同等に扱ふことは許されない。(終)

前、(モリカケ疑獄百八十七の六)(兼、モリカケ疑獄百八十八)

メニューへ戻る 前へ 次へ