千百八十一 「小乗仏教」なる語を用ゐる人間(例、ひろさちや)は劣悪だ
平成三十戊戌
八月十二日(日)
小乗仏教と云ふ呼び方は蔑称だ。だから昭和二十五(1950)年に第一回世界仏教徒会議がコロンボで開催され、小乗仏教は使用しないことになった。それから六十八年を経過するのに、いまだにこの蔑称を用ゐる人間がゐる。例へばひろさちやだ。
ひろさちやは佼成出版から出版された本で、法華経が優れて小乗仏教が劣ると云ふ俗悪な説を延々と繰り返した。読む価値がまったくないから書籍は少し読んだだけで返却した。しかしひろさちやは悪質だ。そこでひろさちやと、場合によっては佼成出版まで批判することにした。場合によっては、と書いたのは、ひろさちやが佼成出版だから小乗仏教と呼んだのか、それともこの男はあちこちで同じことを繰り返すのか。それを見極める必要がある。
なほひろさちやを批判するのは本人のためだ。このままだとひろさちやは大変な業を背に負ふことになる。批判することで生前にその罪滅ぼしをさせれば、本人のためになる。

八月十三日(月)
小乗仏教の語は、説一切有部のことを指したとする説があり、これは一理ある。説一切有部は大宗派だから、サンガの財産も多いだらうし、堕落もあったことだらう。
しかし現在ではどこを指したのか、或いは部派仏教全体を指したのかそれは判らない。大乗仏教にも真面目な宗派もあれば、さうではない宗派もある。ひとまとめにして堕落仏教なんて呼んだら、ほとんどの宗派は不愉快だらう。同種のことをひろさちやは言ってゐる。

八月十四日(火)
日本国内に、小乗戒と云ふ語を使ふ人はある程度ゐる。伝教大師が新たに始めた受戒に対し、それまでの戒律のことだから、伝統戒や従来戒と呼べばいいではないか。或いは鑑真によって伝へられたから鑑真戒でもよい。
小乗戒の語より悪質なのが、小乗仏教だ。小乗戒だって蔑称だが、学術用語みたいだから(実際は学術用語でも何でもないのだが)、まだ許容できる。小乗仏教は蔑視そのものだ。
仏教の語より、仏法のほうがよい。仏教だとキリスト教、イスラム教などと同列になる。仏法だと、キリスト教徒、イスラム教徒が同時に信仰することも可能だ。
小乗仏法と云ふ語があるだらうか。小乗仏教の語はあっても、小乗仏法はない。蔑称を使はせないためにも、今後、仏法を使はうではないか。仏道と云ふ言ひ方もある。

八月十八日(土)
かつて佼成図書館によく通ったことを思ひ出した。だから佼成出版を批判することは取りやめることにした。大乗仏教の非仏説をごまかすため、部派仏教や上座部仏教を筋違ひに貶める二冊の本を見て、私も一時は不満を募らせたが、貪瞋痴の三毒に侵されてはいけないと気付いた。(終)

全宗教(百七十)全宗教(百七十二)

メニューへ戻る 前へ 次へ