千百五十七(その一) サイコパス
平成三十戊戌
六月二十四日(日)
今から10年以上前に、労働組合の或る役員で、人を動かす能力に長けた人がゐた。しかし無神経なところがあり、そのため共産党、全労協、連合と組織を渡り歩いた。私が思ふに、無神経だから人を動かせる。普通の人には遠慮や思ひやりがあるから、指導力を無制限に発揮したりはしない。それがそのときの結論だった。
三週間ほど前に「Business Insider Japan」と云ふサイトで「サイコパスが選ぶ職業、トップ10」が載った。私が10年以上前に感じたこととよく似ているので紹介したい。記事は
サイコパスを見抜くことは難しい。(中略)多くの場合、サイコパスは一般の人たちと変わらない。特定は困難だ。
アメリカ精神医学会の「精神障害の診断と統計マニュアル」の第5版、いわゆるDSM-5は、サイコパスの性格について、傲慢で、過大な自尊心を持ち、他人を操ることに長けた者と定義している。(中略)1つだけ、サイコパスには共通点が見受けられる。職業だ。例えば、サイコパスは非情さ、カリスマ性、恐れを知らないといった特質を持つため、リーダー的なポジションについていることが多い。サイコパスは即座の判断に優れたセンスを発揮する。逆に、看護やセラピーなど他者への共感が必要な仕事には向いていない。
心理学者のケヴィン・ダットン(Kevin Dutton)氏は(中略)サイコパスが選ぶ職業をリストにまとめた。

私は今まで、この種の人たちが精神障害だったと知らないし、この記事を読んだ後も、欠点はあるが特徴のある人たちだと思ってゐる。ところが職業の一位をみたとき、なるほど精神障害の人もゐると思った。
1位 CEO
サイコパスは、「カオスへの耐性」と呼ぶべき特徴を持っている。これは単に、ストレスがかかる中でも冷静さを保っているという意味ではない。
彼らは時に、混乱状態を作り出す。周囲の誰もが苦戦している中で、自分を優れた存在に見せるために。
サイコパスの中には、この手段を使って出世の階段を上がり、トップの座に就く者もいる。
一方、周りを操る必要のないサイコパスもおり、自らの能力だけでトップに登りつめる。

私が40年近く前に勤務した会社の経営者は、確かに精神障害と言ってもよいやうなサイコパスだ。従業員が次々と辞めるのに何とも思はない。今なら典型的なブラック企業だ。

六月二十四日(日)その二
2位弁護士、3位テレビやラジオのキャスターのあと、私が注目するのは4位だ。
4位 セールスマン
サイコパス的な人が営業部門で働いた場合、厚かましい売り込み、客の横取り、一番稼ごうとする執拗な欲求、チームワークの欠如といった特徴が表れるだろう。
働く組織次第では、最悪の結果となることもあれば、最高のセールスマンとして称賛を受けることもあり得る。

私が今まで会ったなかで最悪のセールスマンは、我が家に電話を掛けて来て留守だった。すると隣家に電話を掛けて、至急電話を掛けてくれと伝へた。隣から伝言を聞いて急いで電話を掛けると、単なる売り込みだった。世の中にはずうずうしい人がゐるものだ。
もう一つある。全労協系の反原発セミナーの会場外で、顕正会が反原発の新聞を配布してゐた。宗教が政治運動と絡むことは、(1)偽善、(2)既得権、(3)布教の、3種がある。このときは(3)だったが、昭和四十六年辺りまでの創価学会をもう一度体験してみたいものだと、会員を1名増やすことには協力してあげた。その直後に風邪を引き、激しい咳と熱が出た。顕正会から電話があるので事情を詳しく説明しても家の近くまで来ると云ふ。それは悪いからわざわざ出向いたところ、単に新聞の読み合はせだった。そのため激しい咳が1ヶ月くらい続いた。これ以降、私は支部長なる女に対して極めて反抗的になった。支部長もこのままでは無理だと思ったのか私を男子部に移動させた。男子部には恨みはないので、大宮アリーナの男子部大会にも従順に出席した。ところが会長の講演になって寝てしまひ、起きたら講演は終ってゐた。頭では、出席くらいなら協力してあげようと思っても、心は冷めてしまったから体がついていかない。この記事を書くうちに当時の不愉快が蘇ったので、さきほど携帯電話に顕正会からの電話は拒否するやう設定した。

このセールスマンと支部長なる老婆は典型的な精神障害だ。すべての学生諸君に云ひたいことは、顕正会から勧誘があっても拒否すべきだ。社会人となってから入ってみるのはまだ構はない。本当は私みたいに、入ってはみるが布教はやらず会員を一名増やしたことで協力するだけだと強い決意がないと、社会人になっても危ないのだか。

六月二十四日(日)その三
私自身はサイコパスとは正反対だ。唯一の共通点は、ストレスがあっても冷静を保てることだけだ。
歴史上の人物では、織田信長、伊達政宗がサイコパスだ。家族を殺したり、多数の家臣を戦死させても、平然として人々を扇動する。石原莞爾はサイコパスではない。だから一参謀として、上に司令官、参謀長、高級参謀がゐるときは威力を発揮しても、参謀本部第一部長のときは部下の課長たちの面従腹背に悩まされ、短期で左遷になった。
叔父を殺し、兄を殺した人はどうだらうか。トランプさんは最初の数分間で判ると豪語し、普通の精神状態と判断した。しかしサイコパスは特定が困難だ。

Wikipediaでサイコパスを調べると次のことが書いてある。
犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは以下のように定義している。
⦁良心が異常に欠如している
⦁他者に冷淡で共感しない
⦁慢性的に平然と嘘をつく
⦁行動に対する責任が全く取れない
⦁罪悪感が皆無
⦁自尊心が過大で自己中心的
⦁口が達者で表面は魅力的
(完)

メニューへ戻る 前へ (その二)へ