六百二十八、昼休み日記

平成二十六甲午
十一月一日(土) 食後の血糖値
よく弁当を買ひに行く中華料理店ではどんぶり弁当が二列に復活した。しかし私は普通の中華弁当を買ふようになつた。 その訳は食後に血糖値が上がるといふ記事を健康雑誌で読んだからである。どんぶり弁当はご飯が多い。全部で四種類くらい あるだらうか。具にタンパク質と野菜の多いものを選ぶから栄養に不足はない。しかし白米が多いから食後の血糖値を気にする ようになつた。かつては中華弁当六種類くらいに野菜が少ないといふ理由もあつた。しかし最近は野菜の多いものが三種類は ある。これを買ふようになつた。
夏が終つたので食後の散歩も復活した。食後血糖値対策である。夏が来る前は立正佼成会方面によく歩き、今回も二回歩いた。 東の方面は貴乃花部屋の前まで行き別の道で帰つたがこれだと時間に余裕がある。だから今回はがんばつて先代故三遊亭圓楽 の自宅前まで歩いてみた。一部走つて往復したので時間に余裕があつた。三遊亭圓楽が亡くなつたとき新聞では自宅が中野区と 報道された。おそらく江古田の辺りだらう。根拠はなかつたがさう思つた。たまたま日蓮宗で出家し自宅を北山本門寺の末寺として 布教所にした僧侶がゐる。五年ほど前にそこの御講に参拝するとき時間があつたので付近を歩くと偶然に故圓楽の家を見つけた。 本当に偶然といふことがある。広い中野区内で見つけた。表札には本名とともに若竹カンパニーと書かれてゐた。今でもあるだらうか。 昼食後に往復してみた。
手前に広い空き地がある。調べると郵政宿舎の跡地で公園造成中である。もう一つ大きな邸宅の 空き家らしいものがある。二年ほど前に通つたときはまだ住人がゐた。ここは誰の家か調べても判らなかつた。

十一月三日(月) 中野天神方面の散歩
今まで中野天神方面は散歩したことがなかつた。昼休みに信用金庫に記帳に行つた帰り裏側に歩くと中央西公園といふものが あつた。この日はそのまま会社に戻つた。翌日はこの道路より更に一本後方の中央公園まで行つた。中央公園にしてはずいぶん 小さい。中央公園といふのは中野区の中央の公園ではなく地名のようだ。中央の南側が本町、ずいぶん安直な地名の付け方である。
しんきんネットサービスは便利である。全国の信金のATMが時間内なら手数料無料である。インターネットで調べるとサービスの対象 とならないATMが一部ございます、ステッカーの貼ってあるATMで!!とある。それは不便である。対象とならないATM一覧を発表 しておくべきだ。かつてバスカードといふ便利なものがあつた。だからJRを使はずできるだけバスに乗つた。ところがバスカードが廃止 された。しんきんネットサービスはそれに匹敵する便利さである。こちらは廃止すると全国展開にならず銀行に負けるので、廃止の話は聞かない。

十一月七日(金) 安い弁当屋
安い弁当屋を見つけた。普通のメニューは400円から500円だが秋の特別メニューとして290円が二種類ある。早速一つ買つた。しかし 量が少ない。一回だけで買はなくなつた。
消費税増税前まで昼の予算は400円だつたが、四月以降350円になつた。ところが最近300円で済むことがある。スーパーでトマトと 魚フライと調理パンの特売で消費税込みで300円前後。しかも栄養のバランスがよくカロリーも十分ある。或いはきゅうりとハムカツと 天ぷらソバのカップ。これも300円で済む。ただしきゅうりは見かけの割に繊維素が少ない。私は野菜が少ないと軽い便秘になる。その 体験からするときゅうりはあまり役立たない。尤も便秘は二日以上出ない場合ださうで、だとすると私は便秘ではない。あと納豆も役立 たない。食品栄養表によると納豆は繊維素が多い。しかし実感では少ない。
牛丼屋にはまつたく行かなくなつた。消費税増税に合はせて便乗値上げすることは許されない。公約違反の嘘つき増税が撤回される まで国民は頑張らう。とはいへ健康が第一である。栄養のバランスは毎食考慮すべきだ。

十一月八日(土) ぬか漬け事件
私は野菜とタンパク質は必ず考慮に入れる。昨年きゅうり一本がぬか漬けでパックされたもの(100円くらい)を買つて食べたことがある。 味が少し濃いと思つたが気にしなかつた。午後三時くらいだらうか。もしかしてぬか漬けは洗つてから食べるのではないかと気付き、心配に なつたからインターネットで調べたが、そのまま食べても害はない。よかつた。次にまた買はうと思つてもきゅうり2本で180円くらいになつた。 これだと1本余るから買へない。今年の夏は代はりにトマトを買つて生かじりで食べた。或るとき給湯室で包丁があると教はり、包丁で切つて 食べるようになつた。最近はトマトが高くなつたので生のきゅうりを切つて食べることがある。きゅうりは1本55円で安い。しかし繊維素が少ない ことは昨日述べた。

十一月十四日(金) 減塩
私がよく行くスーパーでは100円の野菜一品をときどき買つた。しかし塩辛すぎるので会社の給湯室で水で何回か洗い塩分を流して食べた。 最近はトマトやきゅうりを買ふのでここ三ケ月ほど買はなくなつた。天ぷらソバのカップを買ふときはスープを全量入れると塩分が濃すぎる。 だから1/3しか入れない。家でも一日以上古いおかずは塩分が濃すぎる。何回も電子レンジに掛けるためである。だからそのときは水洗 することにした。薄味は慣れると美味しい。少し多くても塩辛く感じる。

十一月二十二日(土) 昼食後のエネルギー消費
最近は歩き過ぎによる膝の負担を軽減するために、昼休みの散歩を中止し代はりに腕の運動でエネルギーを消費することをここ二週間 ほど試みた。椅子に座つて腕で体を持ち上げる。腕を百八十度回転させて持ち上げる。これは筋力の運動にはなるがエネルギーの消費 は少ない。エネルギーの消費量は体温の上昇で知ることができる。散歩をすればすぐ体が暖かくなる。しかし腕の運動ではほとんど暖まら ない。あるときは昼休みに近くの公園へ行つた。鉄棒でエネルギーを消費しようと計画した。しかし公園に鉄棒はなかつた。

十一月二十三日(日) 健康雑誌の問題連載記事
以前は健保組合が扶養者のゐる家族に民間の健康雑誌を毎月送つてきた。今は高齢者負担分で組合健保は財政が悪化し送つて こなくなつた。送つて来た時代の話だが、反革新(革新といふ言葉が社会党解体男の裏切り村山が首相になつた当時はまだ活きてゐた) の記事が毎回連載されて嫌な気分で読んだものだつた。しかし一つだけ賛成できる記事があつた。中学生といふ感受性の鋭い時代に 修学旅行で原爆資料館に連れて行くのはよくないといふもので、私も大人になつてから見学し平和主義者になるべきだと思ふ。また原爆 を人類史上唯一落としたのがアメリカで、そのことを指摘せずに、また帝国主義は経済活動から生じることを指摘せずに平和、平和と叫ぶ ことには反対だが、当時はまだ革新勢力といふ言葉の有効な時代だつたから、そこまでは思はなかつた。
この連載記事に或るとき、昔の日本人はコメを食べるから隅田川に橋を掛けるときに大工が対岸まで腰を上げずにノコギリを使ひ続けた といふ記事が載つた。その号の前後にも主食のコメを食べることが健康だといふ記事が何回か載つた。この影響かも知れないが、ご飯を 多く食べる時期があつた。特に昼は弁当箱のご飯入れとおかず入れの両方にご飯を入れて、おかずは近くのスーパーで二百円前後のもの を一品買つた時代が二年近くあつた。しかし一品だとたんぱく質か野菜のどちらかが不足することが多い。さうならないよう買ふものを精選 してもさうなりがちである。その後、ご飯を持つて行くことは中止した。その理由はご飯が多いと食後の血糖値が上昇しこれは老化を促進する といふ記事を別の雑誌で数年前に読んだからである。昼食後に散歩をするのも腕の運動をするのもその一環である。(完)


メニューへ戻る 前へ 次へ