千二百六十九 讃美歌312番
平成三十一己亥年
二月十二日(火)
インターネットで「星の界」と「讃美歌312番」の両方が載るページを見つけた。「星の界」は文部省唱歌と銘打ち、動画を開始すると「Tokioxxxxxx・オーケストラ」と表示される。xxxxxは或る有名なレコード会社だ。歌唱に問題はないが、伴奏が悪い。これでは素人の編曲だ。
このページには「讃美歌312番」の動画も載るので、こちらも聴いた。1行目が字余りなのでどう歌ふのか気になったが、イェスと2音節で歌ふ。なるほど昔に訳詞された讃美歌はこれが正解なのかと感心した。
一番と二番は日本語、三番は英語だ。こちらは歌唱、伴奏とも良好だ。ところがPrivalageをプレバレジ、carryをキャレー、prayerをプレイと発音する。 そこで「What A Friend We Have In Jesus」で検索し、アメリカ人の発音を幾つか聴いた。最初の動画はカントリーミュージックみたいな歌ひ方だが、問題はない。Privalageとcarryは私の思ったとほりの発音だ。しかしprayerはプレアではなくプレイと発音する。英和辞典で調べるとprayerは二つの意味があり、発音が異なる。祈りや祈祷文はプレア、祈る人ではプレィア。一つ理工になった。
Privalageは二通りの発音があり、プレバレジでも間違ひではない。ただしバは曖昧母音だ。
次に聴いたアメリカの動画はゴスペルで、歌ひ方と云ひ体をスイングさせることと云ひ、見てゐて不愉快になるのですぐ停止ボタンを押した。

二月十三日(水)
本日は、おそらくアメリカで有名な歌手であらう人の動画を三人くらい聴いた。フォークソング風の歌ひ方だからそれなりに楽しく鑑賞したが、讃美歌がこれでよいのか疑問に思った。
そこで「What A Friend We Have In Jesus United Kingdom」で検索した動画を幾つか聴いた。独唱と合唱があり、どれも立派な歌唱と伴奏だった。一組、曲がまったく別なのに歌詞は同じで、しかも「What A Friend We Have In Jesus」と見出しが付く。新しい発見だった。
「The story behind the hymn, What a Friend We Have in Jesus..flv」と云ふ物語も聴いた。アジア風の楽器演奏で心地よい。アイルランドやスコットランドはアジア風の演奏法がある。

二月十四日(木)
「What A Friend We Have In Jesus Germany」で検索したところ、各国語の
Vilken Vän Vi Har I Jesus (Swedish)
Oh Que Amigo Nos Es Cristo (Spanish)
What A Friend We Have In Jesus (English)
Hvilken Venn Vi Har I Jesus (Norwegian)
Welk Een Vriend Is Onze Jezus (Dutch)
Welch Ein Freund Ist Unser Jesus (German)
恩友歌 (Chinees)

「What A Friend We Have In Jesus France」で検索すると
日本やイギリスの
ソーーソ ラソミド
がフランスでは
ソーーソ ラソミ
になってゐる。アメリカもそれに近いが、無声音で目立たない。

二月十五日(金)
今回の特集は、私の音楽観が現れた。私の鑑賞の重要度は順番に(1)「旋律」に、(2)「伴奏」、(3)「歌唱力や演奏力」。昔からダークダックスみたいな四重唱団は好きではなかったが、その理由が今回判った。四重唱は和音で伴奏が無い。或いはピアノの伴奏も和音の変化だけのときもあるが、ピアノだと和音の変化がよく判るのに四重唱だと変化が目立たない。
軽音楽が嫌いな理由も判った。軽音楽は、シャシャカシャシャカなど変化の無い伴奏の繰り返しだ。あと、変なスィングは嫌いだ。ヨーロッパにもあるが、ヨーロッパはクラシック音楽が主流だ。やはりアメリカは異常な国だ。(終)

追記二月十六日(土)
讃美歌312番は、20世紀末に出版された「讃美歌21」の493番として、別の歌詞もある。内容は同じだが、文学の魅力が消失してゐる。1行目の
いつくしみ深き 友なるイエスは


いつくしみ深い 友なるイェスは

ここはほとんど変はらない。変はらないのなら文語のほうがよい。或いは伝統を守ったほうがよい。判り易い文語がよい。
罪とが憂いを 取り去りたもう


うれいも罪をも ぬぐい去られる

ここは、表現の美しさ、文章の勢ひが消失してしまった。
救世軍では396番、387番として別の歌詞を持つ。これらはインターネットに公開されてゐないので論評を控へる。明治年間に、日本の知識人と云はれる人たちでキリスト教に改宗した人たちがゐる。私は讃美歌の効果だと思ふ。とは云へ、日本の宗教が真似してはいけない。剣道の選手がフェンシングに宗旨替へするやうなものだ。余計に負けてしまふ。

前、全宗教(百九十三の一)へ 次、全宗教(百九十四)へ

メニューへ戻る 前へ